「O脚は脚が開いているんだから、脚をくっつけた方がいい」のウソ - 1日30秒! 自宅で簡単にO脚を治す方法

「O脚は脚が開いているんだから、脚をくっつけた方がいい」のウソ

「O脚は脚が開いているんだから、脚をくっつけた方がいい」

多くの人がそんなふうに思っているかもしれませんね。
もしかすると、あなたもそう思っていませんか?

でも本当は違うんです。O脚は脚が開いているのではありません。
骨格がねじれている状態です。簡単な図解にするとこんな感じです。


o0831.jpg

図を見てもわかるように、ねじれているのですから
無理に脚をくっつけようとしてもダメなんです。

それどころか無理にくっつけようとすると、
脚に余計な負荷がかかってO脚が悪化する場合もあります。
正しい知識を知らずに、O脚を悪化させている方も
非常に多いのが現状です。

「じゃあ、どうすればいいんですか?」

骨格のねじれを矯正する必要があります。

たとえば整体やO脚矯正のサロンにいくと比較的簡単に
O脚が改善しますよね。でも、しばらくすると元に戻るひともいます。

「いったん治ったO脚がどうして元に戻るんですか?」

たしかに整体にいくとその場で骨格のゆがみは矯正されるので
O脚は治ったように見えますが、問題は「筋肉」です。

簡単に説明すると、O脚は疲労した筋肉が原因です。

筋肉が疲労すると、骨格同士を支えきれなくなり、
骨格に不自然な負荷がかかり、骨格が歪んでO脚になるのです。

ですから、O脚を根本から改善するには、疲労した筋肉に
直接働きかけるアプローチが必要になります。

具体的な方法がこちらで紹介されているので、
興味のある方はご覧ください。

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 1日30秒! 自宅で簡単にO脚を治す方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。